ホーム > ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

歯の黄ばみが気になる患者さんには、ホワイトニングは有効な改善方法です。

多くの方の歯が毎日の食事や飲み物、嗜好品等で着色しています。眼に見えるステインは衛生士の行うポリッシュで取れますが、エナメル質にしみ込んだ黄ばみは取ることができません。
その黄ばみをお薬と光触媒を利用して取り除くのがホワイトニングです。
基本的にお薬は、水素のラジカル反応を用いて行いますので歯の表面にダメージを与えることはありません。

当医院では、まず、ホワイトニング前に「シェードアップナビ」という色計測器械を用いて術前の色を測定します。
ほとんどの患者さんが、色のガイドで照らし合わせて約2段階から3段階白くなります。
「シェードアップナビ」を用いることで患者さんも客観的な効果判定を容易に行う事ができます。

ホワイトニングには、医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

セラミック、ラミネートヴェニア治療の前処置としても行ないます。

歯の色でお困りの方は男女年齢を問わずご相談ください。様々な効果的な方法をコンサルテーションいたします。

オフィスホワイトニング

ビヨンドホワイトニング

吉江歯科医院の「オフィスホワイトニング」は、ビヨンドホワイトニングを採用しています。
ビヨンドホワイトニングは、歯科クリニックで最も実績をもっています。
特徴は、LEDを用いた強い発熱のない光を利用するため、歯を痛めるリスクを軽減することができます。

歯肉などの保護を行ったら、歯の表面にジェルを塗り、保護メガネをかけて、ビヨンドで光照射を約30分を2サイクル。
患者さんは寝てるだけ、資格をもったスタッフが行います。

効果は、6ヶ月から1年持ちます(食べ物、飲み物、嗜好品の度合いで変わってきます。)。
効果が薄れてきたら再度「オフィスホワイトニング」するもよし、自宅で「ホームホワイトニング」するもよしです。

ホームホワイトニング

ホワイトニング

歯の型をとり、自宅で使う柔らかいマウスピースを作ります。
マウスピースの中に「ホワイトニングジェル」をシリンジで注入、あとははめるだけ。
1日2時間、10日から14日行ってください。

オフィスホワイトニングに比べて時間はかかりますが、時間をかけてゆっくり歯を白くしていきますので、
オフィスホワイトニングに比べてより長く歯の白さを維持できます。
多少煩雑ではありますが、来院が面倒な方にはよろしいかと思います。

また、「オフィスホワイトニング」を行ったあと、効果が薄れてきたら、「ホームホワイトニング」を2日だけ行うとリタッチ効果で元の白さを取り戻せます。便利でリーズナブル、時間が節約できる方法でお薦めです。

ホワイトニングのイメージ

ホワイトニングイメージ

歯がくすんでいると笑顔も少し残念です。
口紅の色も映えませんね。
しかし、歯の着色だけでクラウンを被せる治療は必要ありません。
ホワイトニングは有効な手段でしょう。

ホワイトニング完了

綺麗なくすみのない歯は、やはり魅力的でしょう?
口紅も綺麗に映えますね。
必要に応じてセラミッククラウンも必要になることもあります・・・でも、ホワイトニングから始めてみては?

ホワイトニングの症例

ホワイトニング症例

ホワイトニング前です。
30代女性です。
このくらいの黄ばみの方は非常に多いですね。

白い歯

ホワイトニング後です。
だいぶイメージが違うと思いませんか?
すっきりしてますね。自然な白さです。

ホームホワイトニングの症例2

ホワイトニング

40代女性です。
ホワイトニング前
日本人の典型的な色 A3からA3.5です。

歯を白くする

ホワイトニング後です。
すっきりと A1とA2になりました。

昔のホワイトニングに比べて効果が充分に発揮できるようになりました。
但し、この行為はあくまで治療です。歯肉にダメージが出ないように保護したり、知覚過敏に対する配慮をしたり。エステサロンで行うものは基本的に違法行為で危険です。ご注意ください。

045-591-8242