ホーム > 歯周病

歯周病

歯周病とは

 歯周病は、基本的に口腔内にいる歯周病菌によって引き起こされる病気です。
歯の周りの歯周ポケットに歯周病菌が繁殖し、歯石が形成されることで歯周病のベースが出来上がります。
歯周病の環境が出来上がってしまったにも関わらず、それらを放置することで益々状況は悪化し、
歯肉の腫れ、出血、痛み、強い口臭が生じ、進行すると歯を支えている歯槽骨が吸収してしまい歯がぐらぐらと動揺してしまいます。 動揺の激しくなった歯は、噛んだときの痛みなどの機能障害を伴い、結果、抜歯となります。
 
 国民の8割が程度の差はあるものの歯周病を保有しているとのデータもあるくらい一般的なものですが、進行した状態はとても痛ましいものです。
 
 40代を境にして虫歯発症率曲線と歯周病発症曲線が入れ換わります。つまり40歳以降は虫歯よりも歯周病の発症率が高くなり、それ以降歯を失う可能性が高くなるという事です。

 そこで、重要になるのが予防です。発症してしまった歯周病を治す事はとても難しく、努力を必要とします。40歳になってから慌てるのではなく20代からきちんとした予防の習慣を身につけることで歯周病の発症を防ぐべきです。
歯周病に対する正しい知識とブラッシングなどの予防習慣、定期的なメンテナンスが効果的なことは、スウェーデンをはじめ各国の研究データから疑う余地がありません。
予防に関しておひとりで考えるよりも、歯科医師、歯科衛生士を味方につけた方がより効果的なこともご理解頂けるでしょう。

 また、歯周病菌の繁殖しやすい環境を改善することも非常に重要です。
お口の中に極端に歯並びの悪いところがあったり、適合の悪い被せ物、詰め物があったりする事でも細菌の繁殖、歯石の蓄積、歯周病の発症は大きく変わってきます。それらの状態がないか、あったとしたら改善することが重要です。
歯ブラシが効率的にかつ、確実に行える環境が重要な要素です。

 噛み合わせの悪い状態があり、局所に強い当たりがある場合も歯周病を引き起こします。このような状態を「咬合性外傷」といい、歯周病菌からの歯周病を極度に進行させる良くない要素です。
バランスのとれた噛み合わせ、適切な噛み合わせの被せ物、詰め物の必要性を歯科医師が訴えるのもこれらのことからです。

 喫煙は、歯周病を悪化させる要素の一つです。また、歯周病は、脳梗塞、心臓疾患、早産、腎臓病など様々な全身疾患との関連性があることも近年の研究ではっきりしてきています。
歯周病を単なる歯の病気ととらえずに全身の一部の重要な口腔の疾患であるととらえるべきでしょう。

 では、歯周病がすでに発症してしまっている場合はどうするべきでしょうか?

 まずは、心配な症状があった場合は一人で悩まずに受診して下さい。
問診、レントゲン検査、歯周ポケット検査などを通じ、歯周組織の状態を把握します。必要に応じてCTによる検査も行う事もあります。
歯ブラシの状況を衛生士が把握し、必要に応じてブラッシング指導、その他の補助器具に対するお話をさせて頂いた上で実践して頂きます。
歯石の沈着に対しては、歯石の除去を浅い部位から深い部位まで行います。
その後、ブラッシングの改善の再評価、歯周ポケットの再評価を行い、外科的な治療が必要な方にはご説明をさせて頂きます。

 外科的歯周治療には様々なものがあり、一般的な「改良型ウィドマンフラップ手術」に始まって、現代の再生治療の代表「エムドゲイン」、「歯周形成外科手術」などを必要な場所に必要なだけ行います。

 但し、外科的な処置を必要とされる患者さんはそれほど多くなく、多くの方は、一般的な超音波による歯石除去、ルートプレーニング、その後の定期的なメンテナンスにより進行を抑制させることができるのが実際です。

「あれ?歯肉がなんか変だぞ」っと思ったら、放っておかないでください。


以下、中程度に進行した歯周病の再生療法の「エムドゲイン」を御紹介します。



正常な歯周組織は、
歯根表面の セメント質
歯を支える 歯槽骨
歯と歯槽骨をつなぐ 歯根膜
それらを保護する 歯肉

からなります。

歯周病が中程度に進行すると

歯肉が赤くなり、腫れ
深い歯周ポケットが形成され、排膿、嫌な匂いが出ます。
歯を支えている歯槽骨は破壊され、歯がぐらぐらします。

それらの根本的な原因は、
歯根表面にこびりついた歯石、深い歯周ポケット内に繁殖した歯周病菌です。

「エムドゲイン」による治療は、一般的な歯周治療を終えた後、破壊された歯槽骨の再生、セメント質、歯根膜の再生を目的としています。それらの再生は、結果として歯周ポケットの減少に繋がります。

深い歯周ポケットが残った状態では、いくら患者さんがブラッシングを頑張っても限界があります。歯周ポケットの減少は歯周病を食い止める上で、とても重要な要素なのです。

以下、術式です。

歯周外科手術とエムドゲインゲルの塗布

通常の歯周初期治療を終えた後の再評価検査の結果、深い歯周ポケットの存在が確認されたら、状況をプローブなどで把握します。

手術は局所麻酔下で行われます。
患部を切開、

歯肉を丁寧に剥離し、
患部の歯根表面を露出します。
この時、炎症を持った組織も一緒に掻爬します。
歯根が露出できたら、良く観察します。

歯根表面に付着した歯石、壊死性のセメント質を完全に除去、清掃します。

きれいになった歯根表面に「エムドゲイン」を塗布します。

最後に剥離した歯肉を縫合して手術は終了。
抜糸は10から14日後です。

手術時間は本数にもよりますが、おおむね1時間です。

「エムドゲイン」による歯周再生治療の後、機能的な歯周組織の再生が行われるには数カ月から1年の時間を要します。
経過観察や定期検診も重要な要素です。ご協力ください。

また、「エムドゲイン」は、100%の組織再生を約束するものではありません。再生の程度には状況による差や、個人差が存在することもご理解ください。

治療費:1ブロック3歯まで ¥85.000 税抜き

045-591-8242