ホーム > 矯正歯科

矯正歯科

治療コンセプト

矯正歯科について

治療において”一口腔単位の治療”をモット-としています。1本の歯 または部分的なことだけに注目するだけでなく”口腔全体”に目を向けて治療していくことが大切だと思います。

そのためには矯正歯科治療全体を通じて十分な設置のもと必要な検査、診断、カウンセリングを行い患者さんと一緒に考えしっかりとわかっていただてから治療を施していくことを進めております。歯科矯正治療により噛み合わせの改善を行っていくとともに、欠損部位の回復問題となっている修復物の改善、または審美的問題に対しての解決を院長と共におこなっております。

歯が適切な位置へ存在することにより、食べ物を噛みやすく、歯磨きもきれいにできるようになり、歯や体の健康へと導くことができることを目標にしております。

歯並び、矯正治療に関するご相談は、無料となっております。お気軽にご相談ください。

副院長・日本矯正学会 認定医  吉江 のり子 

成人矯正歯科治療

 矯正治療はこどものためでなく何歳でも遅くありません。特に成人の方は、小さなお子様よりも矯正治療を御自身で理解されているので効果的ともいえます。

 まず、御相談の段階でどのような噛み合わせであるかを把握して頂きます。その後、必要な検査を行った後診断、治療計画を立てていきます。成人の方は歯牙1本1本のコンディション歯の周りの環境が大事になります。できるだけ1本でも多く長く御自身の歯をお使い頂けることを常に考えております。そのためには、矯正治療と同時に定期的に歯のクリ-ニングも受けて頂けるように御希望もうけております。
 歯の並びの改善も図り、周りの環境を整えていくことで体の健康を助けていきます。

小児矯正歯科治療

 歯ならびの状態や永久歯のはえかわりの状態により矯正治療に適した時期があります。

 早い時期に治した方がよい歯並びと、永久歯にはえかわる時期の小学生の高学年や中学生に始めた方がよい場合があります。早い時期に御相談ください。治療のタイミングがずれないように定期検診を行いますのでまずは、御相談ご質問からうけさせていただきます。

 動かす期間は歯並びの状態や使う矯正装置により異なってきます。2~4本の歯を部分的に動かす場合は1年くらいですが、歯の表面に装置をつけて全体的に治すと2年くらいかかります。

 矯正装置をつけている最中でも歯みがきの仕方や、虫歯の予防も心配となるところです。個人個人の状況にあわせてこちらで、歯科衛生士と一緒に管理させていただいてます。




【より詳しく知りたい方はこちら】
吉江歯科医院の矯正専門サイト

■矯正専門サイトメニュー
よくある質問 治療の流れ 矯正装置の種類

矯正(叢生1)

中学生になって全て生えかわった状態がでこぼこでした。特に左上の犬歯はほっぺたにひっかかってしまうことがつらいとのことでした。

がんばって2年間の治療を終えご本人は快適に使っているとのことです。左右とも同じように噛めるようになりました。

矯正(叢生2)

これは28歳の男性のかたです。非常にでこぼこがきつく噛みづらさを主訴に来院されました。歯磨きがしづらいため将来、歯周病の心配もされていました。

2年半かけて治療が終了しました。歯ブラシのしやすさは以前とだいぶ違うとのことでした。また、笑ったときの口元の様子が改善されたことを大変よろこんでいらっしゃいました。

矯正(上顎前突1)

22歳の女性のかたでしたので、口元を気にされてご相談にみえました。平素から、お口が閉じづらくうえの前の歯が唇より出てしまうことを気にされていらっしゃいました。

2年後の歯並びの様子です。装置は裏側につけたため見た目を気にしないで治せたことを喜んで下さいました。前歯の変化も納得していただけたようでした。

矯正(上顎前突2)

小学4年生の男の子の方でスポ-ツをしてしいる最中に前歯をぶつけてしまうことがお困りとのことでした。まだ全部の大人の歯は生えかわっていませんでしたが、この状態から部分的に装置をつけはじめていきました。ご本人のご協力があり、歯ブラシの練習も頑張ってくださいました。

3年後に中学生になって歯並びがきれいになったところでした。スポ-ツも活発に行えるようになりご両親のご協力に対して感謝しているとの感想でした。

矯正(下顎前突1)

30歳の女性でしたが、前の歯が一番気になるとのことでした。また、思い切って矯正治療を考えたいとのご相談を受けました。

治療開始後2年4か月後に装置がはずれ、非常に審美的にも噛みやすさも感じていただけたようでした。
今では定期的に検診を行い1本1本の歯を大事にしていただいてます。

矯正(下顎前突2)

7歳の女の子でした。まず、上の前歯が生えてきたところで、噛みづらく食事の時間がかかってしまうので困ってしまうとのことでした。前歯が完全に受け口なため噛みづらくて仕方ないとのことでした。

1年後に前歯がきれいになったことと、ご飯をしっかり食べれることを話してくれました。お母様がお子様の食の細いことを心配されていましたが、見た目もきれいになり食事もおいしくたくさんたべていることをよろこんでいるとのことでした。

矯正(開咬)

奥歯は噛めるのに前歯は噛み合わさらないことが主訴でした。また、食事中に食べ物がまえからとび出でしまうとのことでした。
上下の前歯が噛み合わさらないという開咬という状態でした。嚥下時(食べ物を飲み込む時)に前歯の隙間に舌を前方に突出させてしまう癖が原因でした。

訓練によって舌の突出癖を治し、前歯の噛み合わせも改善できました。
現在ではしっかり前歯で噛みきって奥歯で噛んで食事ができるとのことです。食事中の食べづらさの心配が改消されたことを喜んでいらっしゃる様子です。

045-591-8242