院長:副院長 日記

2017年10月18日 水曜日

2017 ドイツDGZIインプラント学会 ベルリン

9月28日から10月2日まで診療室をお休みさせて頂き、ドイツのDGZIインプラント学会に参加してきました。
日本のISOIインプラント学会とドイツDGZIインプラント学会のコネクション担当理事に就いている関係で、ほぼ毎年ドイツにこの季節赴きます。
学会で講演を聞き勉強する事、それ以外に理事の仕事として、学会のオープニングでのスピーチ、ドイツの理事の先生方と学会運営のミーティング、来年度の日本の学会に招聘する外人講師の選別、認定医試験のサポートなどなど、やらなくてはいけない事がテンコ盛りです・・・毎年coldsweats01、でも、一番大切なのはフレンドシップ!
ベルリンは、成田からの直行便がないのでフィンランド・ヘルシンキ経由で13時間。


 

学会場は、ベルリン市内のマリティムホテル
宿泊も同じホテルで助かります。少し寝坊が出来る(笑)


 

ベルリンに到着直後、President receptionに直行。
赤いジャケットがDr.Volmer、一緒に仕事をしているDGZI理事の先生。
いつも暖かく迎えてくれますhappy01
黒いスーツがDGZI会長のProf.Dr.Deppe。
Theドイツ人!素晴らしい人柄の先生です。


 

金曜日の朝、受付を済まし学会スタート
今年の学会場、昨年のミュンヘン学会に比べてほんの少しサイズダウン?
でも、この後大勢の先生が集結しました。
いつ来てもトピックス満載で熱い学会です。



 

Deppe会長の挨拶の後、大会長のProf.Dr.Helleから紹介され壇上で挨拶。
300人の先生の前での英語のスピーチは緊張しました(笑)
結構男前に撮れてますね~ なんて




25名ほどの演者が発表します。
インプラントに関するの基本的な事柄や長期経過報告、
最先端の治療法。
今回は、インプラント関連のConservative work flow  vs  Digital work flow の演題が2件あり時代の進化を強く感じました。
 


 

毎年お会いするニューヨーク大学のProf.Dr.Zemmlerとミュンヘン大学のProf.Dr.Delaut。
インプラントに関して熱く懇談??
嘘ですup来年は、一緒にゴルフに行こう って話の最中をパチリされてしまいましたhappy02
 


 

金曜の夜、Congress Party があります。
"Stars in concert" というチケットだったので、ベルリンだから野外のクラシックコンサートかな?
って思ってたら、
なんと、プレスリー、モンロー、ブルースブラザーズ、ティナターナーetc.
物まねコンサートでした。でも、マジで似ていて楽しかったです!
ワインの飲みすぎで似て見えたのかな・・・


 

執行部ミーティング
外人相手の交渉は、楽じゃありませんねcoldsweats01
ちゃんとNHKのビジネス英会話で勉強してるんだけどなぁ
もっと頑張らないとダメだなぁ



 

認定医試験の受験者の先生方、合格おめでとうございます!
2年に渡るトライが実を結び、お世話させて頂いた僕も嬉しいですhappy01

土曜日2日目の学会を終えて、全ての仕事終了
3時間だけ自由な時間が出来たので、ベルリン市街に出て駅前のテラスでビールで乾杯beer
ドイツ東西統一25周年のお祭りで街はにぎわってました。
待ちゆく人は、週末のひと時を恋人や家族とゆっくりと過ごしていて、僕も早く日本に帰りたくなったりして・・・
でも、秋の日差しの中、仕事終わりのベルリンドラフトビールはウマシ!!scissors
来年は、デュッセルドルフです。


 

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2015年11月25日 水曜日

生け花の展覧会に行ってきました



今回、とてもすてきなフラワーアートの世界をみることができました。
私の患者さんが出演されていて、お誘いいただきました。

いけばなとは自己表現の場であるとのことでした。出演者の方々のいけばなは生花だけでなく色彩,花器、形、さまざまないけかたで表現されてすてきな展覧会でした。



左は、11歳の女の子の作品です。とってもどうだんツツジがきれいに色付いて秋の装いを感じさせてくれて大変なごませていただきました。また、百合とダリアの色のグラデーションがきれいでした。






つぎは、カラーのお花がとっても元気あふれた感じで、9歳の男の子の気持ちが現れているのかなと思いました。また、上手にけいとうの鮮やかさがひきたっていてすてきでした。

こういう展覧会は初めてでしたが、いろいろな形で自己表現できるんだなと私にはとっても新鮮な世界を感じさせていただいたひと時でした。

今回、お誘いいただきましてありがとうございました。






投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2015年9月29日 火曜日

スイス・チューリッヒ大学 研修



9月20日から25日、スイス・チューリッヒ大学にてGeistlich社主催の
インプラント治療に伴う骨造成の新素材とテクニックの研修を受けてきました。
秋のスイスは、空高くとても気持ちいい気候です。
香港経由のフライトはやや長いですが、新しい技術を身に着けに赴きました。

BioOss Block によるGBRテクニック
グラフトによるテイッシュマネージメント
手術時の3Dプリンターの応用
デジタルワークフロー
等が今回のテーマです。(わかりづらくてすみませんwink


 

大学の教室で講師陣の紹介です。


3日間の講義と実習のスケジュール。
まずは、座学です。
通訳がほぼつかないので、集中していないと置いてかれてしまいます・・・happy02
 


 
 










チューリッヒ大学内の実習室で豚の顎骨を用いて実習を行いました。
実習デスクは最新式でとても整備が行き届いています。
 


 

色々な理由があってインプラント治療、歯周外科の実習は豚の顎を使用して行うのは世界共通です。
豚さん協力ありがとう。













チューリッヒ大学歯学部病院前で教授とパチリ。
ちなみに右は、武蔵新城の吉江歯科、私の兄です。


 

3日間、缶詰の研修の後は、大学内のレストランで夕食会です。
講師の先生方とバッチリ飲みました。
写真は酔ってて取り忘れました・・・coldsweats01


 

帰国前に市街のツァーリンゲルストラッセのラクレットとチーズフォンデュの専門店「Raclette Stube」
で食べてきました。
角切りパンとふかした小じゃがいに白ワインとニンニクの香りが強めのチーズをつけて!
美味!!
他のメニューはあまりありませんが、美味しいラクレットとチーズフォンデュが食べたい方にはお勧めします。
てか、地元の人に勧めてもらいましたhappy01(笑)

これでまた診療頑張れるscissors


 








投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2014年8月12日 火曜日

レントゲンのデジタル化 完了

新しく デジタル パノラマレントゲンが設置されました。
レントゲン室には、ホストコンピュータも。

ここで撮影されたレントゲンは、フィルム、現像を使わずに直接診療ブースにデータが送信されます。
作業の効率化も得られますが、被曝線量の減少、画像の濃淡の安定、画像の拡大が可能など、
アナログのレントゲンに比べると患者さんの得られるメリットは大きいと思います。






 

 


 

 


 

 


   
4つある診療ブースの全てに、診察用の大型ディスプレイ、2台の患者さん説明用のディスプレイ。
ここに、レントゲン室からのレントゲン画像、CTルームからのCT画像、口腔内カメラからの口腔内写真の画像、顕微鏡からのマイクロの画像、を同時に映し出す事が出来ます。

情報量の多さは、治療内容の向上に繋がり、安全性も向上します。
また、画像を多用しての説明は、患者さんが治療内容を理解する助けになる事でしょう


お盆休み明けの診療が、とても楽しみです。

開業して今年で20年、進化し続ける診療、医院を皆様に提供させて頂きます。


 
 
 

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2014年8月10日 日曜日

レントゲンのデジタル化工事が始まりました




1994年の開業から使用してきたレントゲン機器を一新することにしました。

お盆休みを利用して撤去、設置、動作確認を行います。
今までのレントゲンも非常に高性能のものを用いてましたが、時代が進みデジタル化。
放射線量も1/10とより安全、かつ、高性能なものが充実してきましたので、リニュアルを決定しました。

 















デジタル化に伴い、シャーカステンからPCモニターに変更し、
CT、レントゲン、口腔内カメラ、カルテPCを全ての診療ブース及び受付、カウンセリングルームにLANで繋ぎます。
















新しい機器を設置するために、大工さん、家具屋さん、電気屋さん、レントゲン業者、等など
6社の担当者が一気に作業を進めます。
僕は、現場監督?(笑)
















出来上がりが楽しみです。

 
 

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

045-591-8242