症例

2015年11月12日 木曜日

インプラントアンカーによる矯正症例

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2012年3月 7日 水曜日

左上小臼歯1歯欠損 インプラント症例

40代女性、虫歯で歯根が割れてしまってwobbly歯を失ってしまった症例です。きれいでしっかり噛める歯が欲しいとのことで、インプラントにしました。

D0694001 術前





D0694006 D0694007






上顎洞がやや近めでしたので、ソケットリフトを用いて4ミリ程骨を作ります。

D0694008 ソケットリフト用のリフティングドリルで治療中。







D0694012 D0694014






インプラント埋入完了。とてもきれいにかつ、いいポジションに入りました。
手術はこれ一回で完了です。

D0694017 D0694018





3カ月後。歯肉もきれいに治ってます。

D0694020 インプラントに支台を締結して





D0694024 BlogPaint





セラミックがかぶって治療完了。きれいに入りました!他の銀歯もセラミックにしたいですね。happy01




投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2012年2月18日 土曜日

左上2本インプラント症例

70代男性。左上第二小臼歯、第一大臼歯を残念ながら失った後、インプラントに置き換え機能回復した症例です。

術前、抜歯後3カ月経過
D0731001

局所麻酔を充分にした後、歯肉を切開、骨の状態をCTと比べ確認。インプラントの方向の確認。
D0731004






リフティングドリルにて、ソケットリフトを行いました。
D0731007D0731008





D0731010





インプラントを予定どうりの部位に埋入。初期固定良好。3か月待ちます。

D0731012D0731013





4カ月後、骨とインプラントが結合していることを確認してアバットメントコネクション。歯を作りました。(スクリュー固定式、仮歯です。)

D0731018D0731019





患者さまが、「年をとってるから、インプラント出来るかな?」と治療前におっしゃっていましたが、適切に診断、処置を行い、無理のないスケジュールで治療していけばこのような結果になります。
旅に出て、おいしいものを食べるのが趣味の患者さまでしたので、食べれる喜びを感じて頂けました。happy01

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2012年2月 6日 月曜日

そうそう、移植のその後。

2010 7月に移植の症例をアップし、「その後をまた報告します。」と言っておいてそのままにしてしまいました。随分時間が経ってしまったのですが、移植4カ月後には治療が完了していますので、報告します。どんな症例だったかみたい方は、2010 7月の記事をもう一度みて下さいねwink

移植前。
D0624018






移植後。ここまでは、2010 7月にお見せしました。D0624057






3か月まって移植歯が充分にくっつきました。歯肉の状態も極めて良好。移植した歯じゃないみたいでしょhappy01
D0624060





グラスファイバーの土台を立てて、セラミッククラウンの準備完了。
D0624062





仮歯での確認を経て、最終のセラミッククラウンを被せました。噛み合わせもばっちりbleah。大成功です。今日現在、メンテナンス中で異常なし。異常がないのが何よりです。
D0624066D0624068

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2012年1月31日 火曜日

右上のインプラント、抜歯即時埋入法

55歳、男性、右上第二小臼歯が果物の種を噛んでしまって割れてしまいました。残念ながら歯を抜かずに治療することが無理だったこと、患者さんが西欧のかたでインプラントにしてほしいという強い要望があったことなどで、抜歯の前にCT診断を行い、骨の幅、深さ、周囲の解剖学的構造を調べました。患者さんとの充分な協議の結果、抜歯を行い、同日にインプラントを埋入する、抜歯即時埋入法を行うこととなりました。

術前。歯牙の内部に虫歯が進んでおり残念ながら保存不能。

D0755002





抜歯後。歯牙の周囲の骨を傷つけないように丁寧な抜歯を行う必要があリます。

D0755003





ドリリング。インプラントに取って適切な埋入位置は、必ずしも抜歯窩に沿ったものではないので周囲の骨の再生を予測し、かつ対合の歯牙との咬合を考慮に入れたドリリングが必要です。

D0755004





インプラント埋入。歯根幅径がΦ4.5mmであったので、初期固定を充分に得るためにΦ5.0mmを選択。充分な初期固定が得られました。

D0755005D0755008





抜歯窩とのギャップは、βTCPの顆粒を補填。新鮮抜歯窩なので速やかに骨に置換します。

D0755011D0755010





即時埋入のため、安全、確実性を考慮に入れ2回法としました。頬側歯肉に充分な減張切開を入れ、ソフレッチにて縫合。

D0755012 3カ月後に2次手術を行い、
 4カ月後にセラミッククラウンが入る予定です。



投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

045-591-8242