吉江歯科医院ブログ

2014年8月12日 火曜日

レントゲンのデジタル化 完了

新しく デジタル パノラマレントゲンが設置されました。
レントゲン室には、ホストコンピュータも。

ここで撮影されたレントゲンは、フィルム、現像を使わずに直接診療ブースにデータが送信されます。
作業の効率化も得られますが、被曝線量の減少、画像の濃淡の安定、画像の拡大が可能など、
アナログのレントゲンに比べると患者さんの得られるメリットは大きいと思います。






 

 


 

 


 

 


   
4つある診療ブースの全てに、診察用の大型ディスプレイ、2台の患者さん説明用のディスプレイ。
ここに、レントゲン室からのレントゲン画像、CTルームからのCT画像、口腔内カメラからの口腔内写真の画像、顕微鏡からのマイクロの画像、を同時に映し出す事が出来ます。

情報量の多さは、治療内容の向上に繋がり、安全性も向上します。
また、画像を多用しての説明は、患者さんが治療内容を理解する助けになる事でしょう


お盆休み明けの診療が、とても楽しみです。

開業して今年で20年、進化し続ける診療、医院を皆様に提供させて頂きます。


 
 
 

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2014年8月10日 日曜日

レントゲンのデジタル化工事が始まりました




1994年の開業から使用してきたレントゲン機器を一新することにしました。

お盆休みを利用して撤去、設置、動作確認を行います。
今までのレントゲンも非常に高性能のものを用いてましたが、時代が進みデジタル化。
放射線量も1/10とより安全、かつ、高性能なものが充実してきましたので、リニュアルを決定しました。

 















デジタル化に伴い、シャーカステンからPCモニターに変更し、
CT、レントゲン、口腔内カメラ、カルテPCを全ての診療ブース及び受付、カウンセリングルームにLANで繋ぎます。
















新しい機器を設置するために、大工さん、家具屋さん、電気屋さん、レントゲン業者、等など
6社の担当者が一気に作業を進めます。
僕は、現場監督?(笑)
















出来上がりが楽しみです。

 
 

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

2014年8月 3日 日曜日

新潟県・長岡の花火大会に行ってきました










院長です。
 歯科大のスキー部の同級生の阿部君の実家の長岡の花火大会に行ってきましたup
毎年、8月2日、3日と決まっているのでなかなか土日の開催がなく、行く機会を逸してしまってました。

 多摩川や横浜でも花火は観れるし・・・なんて思いもあったのが本音です。
sign01行って、観て、びっくりsign03 すごい大きさ、すごい数、すごい迫力。

 静かな長岡の街、信濃川の河原に空を覆うほどの大きな花が咲きました。

 



















  土曜の診療を少し早く上げさせて頂く予定でしたが、初診の患者さんの予約が入り、少し押してしまい、
着替えて、荷物を持って北山田駅まで激走!
センター南で乗り換え、また激走!
新横浜で切符を買って、また激走!
東京駅で上越新幹線に飛び乗り、ビールbeer飲んだらむせてしまいましたcoldsweats01

 なんとか約束の時間に長岡に着いて、阿部君が用意してくれた桟敷席に。
流石、地元の御父さんからの歯医者さん。桟敷席とは!












 




中越地震から10年、復興の願いを込めて上げられる花火
その名も「中越復興 フェニックス大花火」sign03

す、す、凄い、凄すぎるsign03

僕は、今までこんな凄い花火を見たことがない!
そのくらい凄かったです。

河原の端から端まで、花火で埋め尽くされるんです。
iPhonのカメラじゃファインダーに収まらない・・・

これを阿部君は俺に見せたかったんだな・・・weep 感動しました。

 長岡まで近くはないけど、頑張って行って良かった。
そこに行って、直に感じて、記憶に残して、やっぱり人間っていい
そんな感じでした。

投稿者 吉江歯科医院 | 記事URL

045-591-8242