症例

2012年1月31日 火曜日

右上のインプラント、抜歯即時埋入法

55歳、男性、右上第二小臼歯が果物の種を噛んでしまって割れてしまいました。残念ながら歯を抜かずに治療することが無理だったこと、患者さんが西欧のかたでインプラントにしてほしいという強い要望があったことなどで、抜歯の前にCT診断を行い、骨の幅、深さ、周囲の解剖学的構造を調べました。患者さんとの充分な協議の結果、抜歯を行い、同日にインプラントを埋入する、抜歯即時埋入法を行うこととなりました。

術前。歯牙の内部に虫歯が進んでおり残念ながら保存不能。

D0755002





抜歯後。歯牙の周囲の骨を傷つけないように丁寧な抜歯を行う必要があリます。

D0755003





ドリリング。インプラントに取って適切な埋入位置は、必ずしも抜歯窩に沿ったものではないので周囲の骨の再生を予測し、かつ対合の歯牙との咬合を考慮に入れたドリリングが必要です。

D0755004





インプラント埋入。歯根幅径がΦ4.5mmであったので、初期固定を充分に得るためにΦ5.0mmを選択。充分な初期固定が得られました。

D0755005D0755008





抜歯窩とのギャップは、βTCPの顆粒を補填。新鮮抜歯窩なので速やかに骨に置換します。

D0755011D0755010





即時埋入のため、安全、確実性を考慮に入れ2回法としました。頬側歯肉に充分な減張切開を入れ、ソフレッチにて縫合。

D0755012 3カ月後に2次手術を行い、
 4カ月後にセラミッククラウンが入る予定です。





投稿者 吉江歯科医院

045-591-8242