吉江歯科医院ブログ

2010年1月 5日 火曜日

明けましておめでとうございます



 明けましておめでとうございます。
旧年中は、皆様にお世話になりこの場を借りて御礼申し上げます。本年も皆様のお役にたてるよう日々努力させていただく所存です。よろしくお願い申し上げます。



 冬休みにフィンランドに家族で行ってきました。開業、結婚15周年ということで、のり子先生のリクエスト「オーロラが見たい」をかなえるべく一路北へ9時間半。



 ヘルシンキを経てサンタクロースのいる村「ロバニエミ」にまず滞在。「何しろ寒い」マイナス20度。
 本物のサンタクロースに逢って、次男坊(小4)は真顔で「日ごろのお礼 Thank you for your present every year Santa Claus. I will be a good boy next year also. 」を握手と共にのたまっていました。
それにしても寒い。



 北極圏の人々や文化・歴史を学びに「北極圏博物館」へ。興味深い資料がたくさんありました。「人間は、こんなに過酷な条件でも笑顔を忘れずに生きてきたんだ」と深く感銘を受けました。



 ロバニエミをあとにし、さらに北極圏を北上。フィンランドのほぼ北の果て「サーリセルカ」へ。
さらに寒い。マイナス27度。じっとしててもまつ毛が凍る。
でも、その極寒にもめげず、みんなでスキーを楽しみました。風があったことから体感温度は、マイナス40度くらいかな?もうここまで来ると何が何だか、やけっぱちで笑ってしまいました。
 午前10時にうっすら空が明るくなり、日が昇らないまま午後2時に日没。いわゆる白夜の反対の極夜(Polar Night)。夜ばっかり。がんばって気分を高めないと、なんだか変な時間に眠くなってきてしまいます。

それにしてもウエアを着こみすぎて「強盗団」みたいだな。



 夜中にごそごそ起きだしてオーロラを探します。あいにく天気が晴れたり曇ったり。満月も手伝って星もあまり見えない。「オーロラ出ないかな・・・」「あれかな??」「あれは雲!」「ガッカリ・・」
太陽の黒点活動が近年減少していて、なかなかオーロラが出ないそう・・・天文ファンの兄から聞いてはいたのだけれど。お願い・・・何とかして。



 結局、3日半オーロラ観察を試みましたが、見れたのは満月のみ。でも、「地球の北の果てに浮かぶ満月」これはこれで幻想的。手が届きそう。しばし見とれました。「この空は宇宙とつながっているんだな・・」って当たり前なんだけどジーンとしました。



 オーロラは見れなかったけれど、おいしいサーモンとトナカイの肉を食べれたのでみんな満足でした。またいつかオーロラにトライするかどうかは、家族会議で相談します。でも、次は暖かいところがいいな、な、長男よ!

投稿者 吉江歯科医院

045-591-8242