症例

2010年1月30日 土曜日

前歯のセラミック治療

D0591008D0591009 






30代女性の患者さんの治療前の写真です。主訴は、「前歯の形、色、が不自然なこと、付け根の黒ずみも困っている。」とのことでした。様々な診査診断を行って、患者さんにコンサルテーションをさせていただき、セラミック治療で前歯を4本治療することになりました。


D0591013古い差し歯を外す前に診断模型上で、最終のセラミックの完成予想を立て、仮歯に置き換えておきます。





D0591018その模型のシリコンコアを取っておいてから、古い差し歯を外し、新しいセラミックの準備を行います。仮歯(正式にはプロヴィジョナル・クラウンと言います。)を用いて患者さんと最終的な希望の修正確認を行った後、患者さんにOKがいただけたら、最終の型を取ります。プロヴィジョナル・クラウンに盛り込まれた情報は、正確にセラミスト(セラミック専門の技工士・ベアーデンタルの小土橋 誠)に渡されます。


D0591008D0591022
 
 最終のオールセラミック(インセラム)クラウンをセットしました。治療前(左)と比べていただければ、その差は一目瞭然です。

D0591009D0591023
 
 斜め45度からの写真です。左が治療前、右が治療後。歯の傾斜も改善しました。自然な色合い、セラミックと歯肉との調和を見ていただきたい。患者さんにもとても満足していただきました
 この症例、いくつかのキーワードがありましたが、決して特別な症例ではありません。吉江歯科では、日常的な臨床です。前歯の事で相談ご希望の方は、ご遠慮なく院長・スタッフまでどうぞ。 


投稿者 吉江歯科医院

045-591-8242